ローヤルゼリーと精神安定

現代はストレス社会と言われており、精神面の安定に影響してしまうことも珍しくありません。
ローヤルゼリーは、精神安定にも効果があるとされているのです。

葉酸とビタミンB12でセロトニンを増やす

ローヤルゼリーが精神安定効果を発揮できるのは葉酸、ビタミンB12、アセチルコリンが含まれているためです。
それぞれ、どのような効果を発揮しているのでしょうか。
まず葉酸とビタミンB12は、セロトニンという脳内物質の生成を助ける効果があります。
セロトニンは俗に「幸せホルモン」とも呼ばれており、精神面の安定をもたらす働きを持っています。
ストレスを受けるとセロトニンが消費されるため、徐々に精神面の安定が失われていきます。
また、うつ病の人はこのセロトニンが少なくなっていることも分かっています。
ローヤルゼリーによって葉酸とビタミンB12を摂取し、セロトニンの生成量を増やせば、精神面の安定を取り戻すことができるというわけです。

アセチルコリンで心身を休ませる

これに対してアセチルコリンは、自律神経のうち副交感神経を活発にする働きがあります。
そもそもアセチルコリンは副交感神経から分泌されている神経伝達物質で、副交感神経の働きはこのアセチルコリンによるものと考えていいでしょう。
ストレスを受けると、もうひとつの自律神経である交感神経が活発になり、心身ともに緊張した状態になります。
ストレス社会では交感神経が活発になる局面が多いため、次第に交感神経が疲れ、自律神経のバランスが失われていきます。
これが精神不安定につながるのです。
アセチルコリンによって副交感神経の働きを助けることで、心身をリラックスした状態にすることができます。
これによって交感神経を休ませることで自律神経のバランスを整えられれば、精神面の安定につながってくるのです。

ローヤルゼリーはうつ病の人が摂取することが多いとされていますが、それは精神安定効果に期待してのことなのです。
ストレスフルな日常だからこそ、ローヤルゼリーが必要になるのです。
また、女性の方必見妊娠中のローヤルゼリー摂取についても参考にご覧ください。