ローヤルゼリーで血圧改善

高血圧は血管に負担をかけてボロボロにしてしまい、脳出血などの原因となってしまいます。
命にかかわる病気を防ぐためには血圧を下げることが必要ですが、ローヤルゼリーには血圧を改善してくれる働きがあるのです。

血圧を下げるペプチドが含まれている

ローヤルゼリーにはタンパク質が豊富に含まれていますが、このタンパク質を分解してれきるペプチドには、血圧を下げる効果のあるものが含まれているのです。
ローヤルゼリーペプチドを1日当たり1グラム、1カ月にわたって投与したところ、血圧が下がったことが確認されています。
なぜローヤルゼリーのペプチドが血圧を下げるのかというと、ACE(アンジオテンシンⅠ変換酵素)の働きを抑えてくれるためです。
ACEには血圧を上げる効果があるため、ACEの働きを抑えることで血圧を下げることができるというわけです。

それ以外にも血圧降下成分が含まれている

そして、このペプチドの働きを助けてくれる成分も、ローヤルゼリーには含まれています。
パントテン酸とデセン酸です。
高血圧の原因のひとつは、動脈硬化によって血管内部が狭くなることです。
同じ水量であっても、太い水路より細い水路の方が流れは速くなりますが、これと同じことが血管で起きているのです。
動脈硬化の原因のひとつは、活性酸素によって変質したLDLコレステロールが血管内部に潜り込んでしまうことです。
パントテン酸は血中のHDLコレステロールを増やす働きがあります。
血中のHDLコレステロールが増えると、動脈硬化の原因であるLDLコレステロールの値は低下します。
これによって動脈硬化の原因のひとつを取り除けるのです。
そして、デセン酸には抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは活性酸素の働きを抑えるもので、活性酸素の働きを抑えればLDLコレステロールが変質しにくくなり、血管内に潜り込んで動脈硬化を起こすこともなくなるというわけです。

ペプチド、パントテン酸、デセン酸の3つによって血圧を下げてくれるのが、ローヤルゼリーなのです。
血圧を気にしている人におすすめかもしれませんね。
また、こちらのローヤルゼリーの体験談②ついての記事も参考にご覧ください。