ローヤルゼリーとプラセンタ

ローヤルゼリーとプラセンタは、ともに更年期障害の症状を緩和してくれるとされています。
ただ、両方の効果は微妙に異なっており、メリットにも違いがあります。
ローヤルゼリーとプラセンタには、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。

女性ホルモンの働きを助けるローヤルゼリー

ローヤルゼリーが更年期障害の症状緩和に効果があるとされているのは、固有の成分であるデセン酸によるものです。
デセン酸は女性ホルモン受容体と結びつくことで、女性ホルモンに似た働きをしてくれることが分かっています。
更年期障害は加齢によって卵巣が衰え、女性ホルモンの分泌量が減ることが原因で起こるものです。
デセン酸の摂取は、擬似的とはいえ女性ホルモンの量を増やすことになります。
これがホルモンバランスを整えることにつながってくれるのです。
若干乱暴になりますが「女性ホルモンそのもの」を摂取することができるのが、ローヤルゼリーといっていいでしょう。

卵巣の働きを助けるプラセンタ

これに対してプラセンタには、ホルモンの代わりとなるようなものは含まれていません。
体内のホルモンバランスを整えてくれる働きのあるNGF(神経細胞増殖因子)が含まれており、これによって卵巣の働きを助けてくれるのです。
ローヤルゼリーのように、女性ホルモンそのものを擬似的に増やしているというわけではありません。
NGFは、自律神経のバランスを整えることにも役立ちます。
更年期障害の症状のひとつに、視床下部の酷使に伴う自律神経のバランス悪化があります。
NGFによって自律神経のバランスを整えれば、更年期障害の症状を緩和できるというわけです。
プラセンタのメリットは、更年期障害に加え、アンチエイジングにも効果があることです。
プラセンタにはNGF以外にもEGF(上皮細胞増殖因子)やFGF(線維芽細胞増殖因子)など、皮膚の新陳代謝を高めてくれる成長因子が含まれています。
これによってシミやシワの改善に期待が持てるのです。

このように、ローヤルゼリーとプラセンタは違ったメリットを持っています。
相乗効果を狙って、併用してみるのも良さそうですね。