ミツバチ以外のハチはローヤルゼリーを作らない?

ローヤルゼリーはミツバチ由来であることは有名ですが、スズメバチやクマバチといった他のハチからローヤルゼリーを採取できるというのは聞いたことがありません。
ミツバチ以外のハチは、ローヤルゼリーを作ることができないのでしょうか。

ローヤルゼリーは植物由来

結論から書きましょう。
ローヤルゼリーを作ることができるのはミツバチに分類されるハチだけです。
これは、同じハチでも食べ物や生活習慣が違っているためです。
まずミツバチですが、主な食べ物は花のミツや花粉で、草食といっていいでしょう。
ローヤルゼリーは働きバチが食べたミツや花粉から合成されるもので、これを集団生活している巣の中に貯めておき、これを食べたハチが女王バチになるのです。
つまり、ミツバチがミツや花粉を食べているうえ、女王バチを必要とするような集団生活をしているからこそ、生成されるものだと考えていいでしょう。

スズメバチは肉食

これに対して、スズメバチは肉食です。
正確には、幼虫が親の捕ってきた昆虫などを食べ、親はその幼虫から出てくる体液などを食べているのです。
上にも書きましたように、ローヤルゼリーはミツと花粉を原料としていますので、これらを食べないスズメバチには作りようがありません。
同じように大きな巣を作って集団生活をしているハチでも、大幅に食生活が異なっていることが、ローヤルゼリーを作るかどうかの違いにつながっているのです。

クマバチに「女王」は不要

では、ミツバチと同じように花のミツや花粉を食べるクマバチの場合はどうでしょうか。
食べ物が同じだからローヤルゼリーを作りそうなものですが、こちらは生活習慣が異なっています。
クマバチはミツバチやスズメバチと違い、大きな巣を作って集団生活をするということがありません。
木に穴を開けるなどして巣を作り、小さな集団で生活をしているのです。
このため、大集団をまとめるための女王バチは不要ですから、その餌であるローヤルゼリーを作る必要もなくなるのです。

同じハチでも、食べ物や生活習慣は大きく異なっているのです。
ローヤルゼリーは草食で、大集団で生活をするミツバチ固有のものと考えた方がいいでしょう。
また、よく混同されがちなローヤルゼリーとはちみつの違いについても参考にご覧ください。